5月 19

二つの玄関

Posted by o-turu . Filed under 未分類 | コメントは受け付けていません。

我が家は玄関の動線を二つに分けました。メインのお客様用の玄関とその隣に設けたシューズクロークを家族用の玄関として利用しています。玄関の動線をこのように二つに分けることと、隣に設けたシューズクロークの収納力を高めておくことでメインの玄関を美しく保ちやすくなります。

シューズクロークにはL字型に可動オープン棚を設けました。家族の靴を大容量に収納することができていますし、靴だけでなく子どもの屋外用おもちゃや工具、アウトドア用品などもきちんと整理することができています。棚の高さを自由に調整できるので高さのある長靴やブーツでもストレスなくしまうことができます。どこにどの靴があるかが一目で把握でき、サッと出し入れできるので靴の管理もしやすいのです。

土間収納スペースもしっかりと確保しました。このスペースがあることでベビーカーや三輪車、ゴルフバックなど屋外で使用する大きさのあるものまでしっかりと収めておくことができるのです。屋外で使用して汚れている状態でもサッと片づけられる収納スペースがあることで、メインの玄関に靴や物が散らかりにくくなります。靴や物がしっかりと収納できることに加え、シューズクロークから室内へのスムーズな動線を確保したことでより美しい玄関を保ちやすくなっているのです。小さな子どもでも靴や物をしまい、室内へ入ってくる習慣が身につけられました。

また室内に入るとコートクロークを設けているので、外出先で着ていた上着をきちんと整理することができます。玄関の衛生面を保つためにシューズクローク側の天井にはナノイー発生機を設けています。玄関には靴箱など余計な物が全くないのでスッキリと広々とした空間を保つことができています。

This entry was posted on 土曜日, 5月 19th, 2018 at 6:17 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.