6月 22

家事ラク住まいを目指して

Posted by o-turu . Filed under 未分類 | コメントは受け付けていません。

家事を行う女性にとって家造りの際に注目するのが、いかに家事をラクに効率よく行えるようにするかということではないでしょうか。専業主婦である私も、家造りの際には家事の効率を高め、家事への不満を解消できる住まいを目指しました。

そこで注目したのが家事専用スペースです。この家事専用スペースは、家事の中心的空間であるキッチンからの動線に配慮すると同時に、そのキッチンとよく行き来をする洗面室を繋ぐ形で設けることで家事動線が集約され、家事の効率を高められるのです。キッチン横の通路を挟んで広がる家事専用スペースの天井には室内干しを完備しています。

洗面室に設けられている洗濯機で終えた洗濯物をここでスムーズに干すことができます。洗面室と家事専用スペースの境には両方の空間から開けることができる収納を造り付けました。一部部分は互いの空間を行き来するスペースとして動線を確保しました。建具を設けないことで行き来をよく行う際のドアの開け閉めするというワンアクションがなくなり、行き来のスムーズさが高められます。

造り付けた収納は、家事スペースでたたんだ洗濯物をここに収納し、そのまま洗面室から取り出し、サッと使えるようにしたのです。このようにすることで必要な物をわざわざ取りに行き、補充したりする必要がなくなるのです。ここの収納にはタオル類はもちろん、家族の下着やパジャマ、部屋着など大容量に収納できます。開き戸や引き出し収納を組み合わせて収納するものに合わせてしっかり整理しています。家事ラク住まいはママの笑顔が増える住まいでもあるのです。

This entry was posted on 木曜日, 6月 22nd, 2017 at 5:45 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.