8月 8

重要視される洗面室

Posted by o-turu . Filed under 未分類 | コメントは受け付けていません。

最近家造りで重視されている洗面室。それもそのはずです。洗面室は、家族みんなが一日の始まりから終わりまで何度も使用する場所だからです。ライフスタイルや家族構成に合わせて最適の洗面室が広がることで、暮らしやすさに繋がるのです。まず広さです。今までは洗面室の一般的な広さは1坪と言われていました。しかし、最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が人気となっています。

例えば、広さに余裕があることで、大家族が特に女の子の多い家庭では、大きさのある洗面台を設けることができます。朝の身支度で追われる時間帯は洗面台が取り合いになることもあります。ゆとりのある洗面台が設けられていることで、家族が同時に二人並んで身支度を行え、朝のバタバタを解消できるのです。洗面室では入浴の前後でも使用されるので、服を脱いだり着たりと動きが多い場所です。広さに余裕があるとそれらの動きもしやすさを増します。

手洗いや歯磨き、入浴の前後や身支度、それに加えて洗濯機を配置することから家事を行う場所でもあるのです。色々な用途で使用される洗面室には、物が集まってきます。洗面室で必要な物がきちんと収められるように収納スペースをしっかり確保しておくことも大事です。お化粧道具やドライヤー、髭剃り、歯磨き粉や歯ブラシなど洗面周りのものがきちんと収められる洗面台を選びましょう。大きな鏡の奥にたっぷり洗面周りのものを収納できれば、生活感を感じさせずスッキリとした洗面室が広がります。

入浴の前後で使用する空間ですので、家族の下着やパジャマなどもこの空間に収納しておきたいものです。その他、洗濯関連用品やシャンプーなどの在庫品までたっぷりと収納できるスペースを設けておきましょう。洗面室が重視される理由も納得できると思います。

This entry was posted on 月曜日, 8月 8th, 2016 at 9:09 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.