6月 22

間取り

Posted by o-turu . Filed under 未分類 | コメントは受け付けていません。

家造りを進めていく中で最初に行うことは間取りを決めることです。この間取りによってその住宅での住み心地や家事の効率が大きく変わってくるのです。間取りを決める際には動線に配慮する必要があります。この動線には、生活する上で行き来をする生活動線と家事を行う上でよく行き来をする家事動線の2種類あります。どちらの動線にも配慮することで家族みんなが暮らしやすく、家事への不満を抑えて効率を高めることができるのです。

専業主婦である私は特に家事動線を重視しました。家事は365日休みがありません。自分が高齢になったときでも続くものであるだけに、現時点でも高齢になったときでも行いやすい環境を整えておくべきなのです。家事の中心的存在はキッチンです。このキッチンと洗面室の動線は家事動線を考える上で一番重要です。キッチンで炊事をしながら、洗面室で洗濯をしたり、入浴の事前準備をすることは多いです。同時に2種類の家事を行うことが多いだけに動線は短くしておきたいものです。そこで我が家はキッチンの隣に洗面室を設けました。横移動で移動もしやすいですし、キッチンから4,5歩で行き来ができるため動線も短いのです。家事の効率が高まったことで、今までより自分の時間を大切にできるようになりました。

そして食事をするダイニングにおいてもキッチンの真横に配置しました。一日三度もある食事の支度をスムーズに行うには、キッチンとダイニングを横一直線で繋ぐ間取りは家事の効率をグンと高めるのです。また家族にとってキッチンという存在がより身近に感じられお手伝いをしてくれるようにもなるのです。動線に注目して生活を送りやすい住まいを目指しましょう。

This entry was posted on 水曜日, 6月 22nd, 2016 at 9:23 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.